こんにちは!女性目線のWebブランディング高橋あきです。今回はよく聞くけど、一体何?というブランディングとポジショニングの違いについてお伝えしますね。

そもそも、なぜこの2つが必要なの?

avatar
モモちゃん
そもそもブランディングとポジショニングって私のお仕事に必要なんでしょうか?
avatar
さにぃ さん
はい、あなたという存在を「全く知らない人」に伝えるためにこの2つは必要な武器となります!

ブランディングとポジショニングが必要な理由

世の中、セラピスト・カウンセラー・ヒーラー・お教室の先生・Webデザイナー・・・働き方改革の今、個人事業主であふれていますよね。そして、はじめる方が必ず通る道が「実績がゼロ状態」であるということ。さらに、その裏にはメンタル的なことが重なり「自信がない」「私以外にもすごい人がいっぱいいる」と心のどこかで誰かと比較をし自分が提供する理由を見失ってしまう方が多いのです。

この「実績ゼロ」状態を解消し、私は実績はないかもしれませんがあなたにこれをお届けできます!と自信を持って宣言できる状態になることが後々人の心を魅了する文章が書けることにも繋がっていくのです。

ポジショニングとは

例えば、育児ノイローゼにかかりそこから心理カウンセラーになったモモやんがいたとしましょう。心理カウンセラー、全国に何人いるでしょう。「経験」で比較されるとモモやんには到底難しいことになります。(そもそも、モモやんの時点で比較されないのですがね)

ポジショニングを行わないままブログやSNSを発信してしまうと「新米カウンセラー:モモやん」のような恐ろしいことになるでしょう。そして共通して言えるのが特に誰にオススメ?と聞くと「誰にでも」と答えます。ではお客様からの目線になって考えましょう。新米カウンセラーで「誰にでもカウンセリングできる」人に頼みますか?

例えば、心理カウンセラー業界では「毎日メールでも相談してくれる人がいない」、さらにお子さんがいるママは「子供を預けてカウンセリングに行く時間がない」としましょう。そこで、新米モモやんは「子連れOKあなたの心に24時間寄り添います」のようにすると、少し「どんな人が頼むか」が見えてきましたね。

これはさっくりですが、こうして自分が選ばれる場所、を自分で選んで行く行動。それがポジショニングです。

ブランディングとは

では、ブランディングとはなんでしょう。いろんな定義がありますが、ここでは「あなたを認知させる方法」とまずは覚えてください。星の数ほど溢れるブログSNS上であなたを「なんの専門家」と「相手に覚えてもらうか」これがブランディングです。

例えばモモやんは「東京生まれ鹿児島在住」「2世帯」「3歳の双子ママ」「旦那は転勤族」「家では農家のお手伝い」「育児ノイローゼから脱出」「ポケモン好き」「子連れOK」だったとしましょう。さらに対象とする人や解決までの過程が入ってくるといいですが今回はブランディングとは、をお伝えしているので割愛。

未来のお客様から見話が逸れますがサンドイッチマンさんのネタで「名前だけでも覚えて帰ってください」というのはかなり核心をついていると思っています。笑

そうしたら肩書きに

・モモ@鹿児島農家の嫁カウンセラー
・モモ@鹿児島育児ノイローゼから脱出

のようなものを入れて「鹿児島にモモさんってカウンセラーさんがいるんだ!」と覚えてもらうこと、これがブランディングです。ちなみにブランディングを「着飾って背伸びするもの」と思ってしまうと苦しくなるので等身大でいきましょうね。

ブランディングとは②

さらにブランディングとは、もう一つの意味があります。それは例えば「セブンイレブン」が出すコーヒーなら美味しいに違いない、キリンが出すビールなら美味しいに違いない。という「信頼」を得るための行為です。

無名のあなた、という存在から買っても安心だろう、という信頼を得ることがブランディングとなります。なので、①でお伝えしたようなキャラクター性などを出すのはもちろんのこと、定期的な発信をしていくことでこの人から買っても安心と思わせる行為をブランディングと言います。

まとめ

軽く書きましたが、いかがでしたか?

やみくもに「やらなくちゃ」と思うのではなく、これなら私に必要なことだな、お客様にわかりやすく見つけてもらいやすくするために必要なことだということがお分かりいただければうれしいです!